本文へスキップ

不動産売却のご相談は庭田総合事務所へ

不動産売却のお客様へcompany

当事務所は不動産業の免許も持っております。
不動産の売却はお任せください。
    鹿児島県知事(1)第5911号
     公益社団法人全日本不動産協会会員
     公益社団法人不動産保証協会会員

不動産売却を相続対策の中で考えます。

『あちらこちらの不動産会社』を廻る必要はありません。

不動産を売る場合は、1円でも高く売りたいのが人情です。
あるいは、事情によっては一刻も早く売りたいと言う場合もあるかもしれません。
ですから、あちらこちらの不動産業者に依頼したほうが高く、または早く売れるのでは、と考えるのが自然です。

しかし、そのようにして依頼された不動産業者は、手間と費用を使って活動しても、他社が先に買主を決めたら、手数料すらもらえないので熱心にならない場合があります。

今は時代が違います。
現在のように情報網の発達した時代には、ネット他、さまざまな媒体により、業者間で情報交換できるシステムがあります。

以上の理由で、売却を依頼されるときは『専属専任媒介契約』で、信頼の置ける
1社に依頼したほうが、責任の所在も確実で宜しいと思います。

庭田総合事務所グループのメリット

庭田総合事務所は永年、財産問題についてのご相談をお受けしてまいりました。
最近は、特に売却のご相談も増えてまいりました。
新聞に折り込まれる大手不動産会社のチラシにも、当事務所が提供した物件情報が数多く掲載されております。

当事務所は原則として、不動産売却時の売主様だけの仲介、代理をいたします。
なぜなら、売主と買主の両方の仲介を兼ねると、必ずしも売主様のためだけにならないケースがあるからです。
買主側の仲介をやらないことで、売主様のことだけを考えた、査定価格、売却戦略、条件交渉を立案、実行いたします。
当事務所は、売主様だけの仲介・代理をするため、買主をご紹介いただくのは、原則提携する多数の不動産会社になります。
不動産会社各社に公平、透明、迅速に情報を提供することにより、多数の不動産会社の多くの社員、多くの情報媒体を利用することが可能です。

業界には『アットホーム』という専門の情報会社や、他にもたくさんの情報提供会社が存在します。
そのようなメディアを利用することはもちろんですが、上記のように『売主様専門』として独自に専属専任で依頼された不動産情報を、それらの情報専門会社よりも『早く』、 『ダイレクト』に、買主を見つけてくれる関係不動産会社に提供しております。
よって、あちらこちらの不動産会社を廻る必要はありません。
当事務所は『売主様』の味方です。
不動産の売却はお任せください。

※ 事業用物件の場合、複雑な法的規制などの調整が必要なため、売主・買主間、双方の仲介をする場合も多いです。
売主専門とはいえ、どちらの立場も理解しております。
何なりとご相談ください。